心合寺山古墳(しおんじやまこふん)は、古墳時代中期につくられた前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)です。中河内では最大の全長160mの古墳で、当時この地域一体を治めていた王の墓と考えられます。
整備前のしおんじやま古墳

 これまでの発掘調査によって、古墳は3段に土が盛られ、平らなところには円筒埴輪と呼ばれるつつ型の埴輪が立てられ、盛った土の斜めの所には、葺石(ふきいし)と呼ばれる石を置いていたことがわかりました。 
復元されたしおんじやま古墳 復元された埴輪列

 また、後円部(こうえんぶ)と呼ばれる北側の丸い方の丘には、3つの埋葬施設(亡くなった人をいれる施設)があり、前方部(ぜんぽうぶ)と呼ばれる南側の四角い丘には、方形壇(ほうけいだん)と呼ばれる四角い台があり、後円部と前方部の間のくびれ部というところには、造り出し(つくりだし)と呼ばれる舞台のようなものもあります。
後円部の埋葬施設の位置表示 復元された方形壇
復元された葺石と造り出し

 ちなみに、しおんじやまという読みにくい名前ですが、この古墳の西側に飛鳥時代につくられたお寺・心合寺(しんごうじ)に由来していると考えられています。
 つまり、「しんごうじ→しんおうじ・しんごんじ?・・・・・しおんじ!」
になったようです。

 そして、そのお寺もなくなり、古墳だけが現代まで残っていましたが、平成13年から平成17年まで整備工事を行い、発掘調査でわかったことを元に、墳丘や埴輪列を復元して、しおんじやま古墳が、約1600年前の時を越えて、当時の姿にもどり、歴史を体感できる場として生まれ変わりました。
復元されたしおんじやま古墳と生駒山地
国指定史跡 心合寺山古墳 データ
史跡指定 昭和41年2月25日
所在地 八尾市大竹4、5丁目
かたち 前方後円墳
大きさ 全長約160m
時代 およそ1600年前(5世紀はじめ)
指定面積 約30,000u
埋葬施設 後円部…粘土槨3基
前方部…木棺1基
出土品 き鳳鏡、甲冑、大刀、鉄剣、
玉類、円筒埴輪、朝顔形埴輪、
形象埴輪(家、盾、鶏など)
水の祭祀を表した埴輪

      HOMEへ